バルクオムシャンプーの賢い使い方を5ステップで解説

バルクオムのヘアケア商品は、頭皮や髪にいい成分が豊富に含まれています。

しかし、良い成分だからと言って、適当な洗い方をしていては効果は発揮されません。

バルクオムを注文したときについてくる冊子を参考にしながら、頭皮にも髪にも効果的な洗い方を詳しく解説していきます。

STEP1:シャンプー前のすすぎが超重要

バルクオムのシャンプーを使っていなくても、シャンプー前にする2つのステップが超重要です。

それが、

  • ブラッシング
  • お湯ですすぐ

の2つです。このステップを飛ばしている男性がほとんどではないでしょうか。しかし、この2つをやるかやらないかで、シャンプーの効果が変わってきます。

 ブラッシングで汚れ落とし

まずは、ブラッシングですが、こちらはできる人だけやりましょう。このあとのステップがもっとも大切なので、ブラッシングは抜いてもOK。

ただ、シャンプーの効果をより発揮するためには、やっておいて損はありません。

ブラッシングをすることで、汚れや髪の絡まりを取ることができます。また、頭皮を刺激して、血行が良くなることもブラッシングのメリットです。

 お湯で洗うが超重要

シャンプー前に必ずやっておかなければならないのが、お湯で1度洗うということです。

髪の毛を濡らすのではなく、頭皮からしっかりと洗います。基本的には1〜2分ほど時間をかけて、頭皮の皮脂汚れを流すイメージです。

実は、お湯でしっかりと洗うことで、髪の毛の7割程度の汚れが落ちます。

お湯で汚れを落とすことで、シャンプーが泡立ちやすくなり、より効果を発揮しますよ。汚れをたくさん落としてくれるので、お湯での予洗いが必須です。

 

STEP2:シャンプーはマッサージするように洗う

シャンプーを使って髪の毛を洗っていきましょう。男性が髪の毛を洗うとき、ガシガシと爪を立てて洗っているイメージがありますよね。

もちろん、爪を立てて洗うのはNG。頭皮を傷付けてしまう可能性があるからです。シャンプーで髪の毛を洗うときのポイントは以下の通りです。

  • 指の腹を使う
  • 地肌をマッサージするように洗う
  • 頭頂部から前頭部の頭皮が一番フケが出る

指の腹を使い軽くマッサージをするように頭皮を洗っていくのが、正しいシャンプーの使い方です。フケが気になる人は、頭頂部から前頭部の頭皮を中心に洗っていきましょう。

ちなみに、シャンプーをするなら夜がおすすめ。朝にシャンプーをすると、必要な油が少ない状態で紫外線を浴びることになるので、頭皮や髪の毛を傷付けてしまう可能性があります。

夜にシャンプーをするようにするのがおすすめですよ。

 

STEP3:トリートメントは髪の毛に付ける

バルクオムのトリートメントは、紫外線や乾燥などで受けたダメージを補修してくれるので、健康的な髪の毛を維持してくれます。

トリートメントを付けるときのポイントは、頭皮に塗り込まないこと。

トリートメントは髪の毛自体に効果があるので、頭皮に付けても良い効果は得られません。軽く揉み込むように髪の毛に付けていきましょう。

 

STEP4:タオルドライ後にスキャルプセラム

お風呂からでタオルで髪の毛を軽く乾かします。ある程度乾かしてからスキャルプセラムを付けるのがポイントですよ。

付け方は、頭皮に直接プッシュして頭皮全体になじませていくことです。指の腹を使って頭皮をマッサージしながら塗り込んでいきましょう。

スキャルプセラムは髪の毛ではなく、頭皮に向かって付けるのがポイント。頭皮を守るための保湿効果があるので、髪の毛に付けてもより良い効果が発揮されませんよ。

STEP5:ドライヤーで仕上げる

タオルだけで髪の毛を乾かしている人は、ドライヤーを使うようにしましょう。ドライヤーを使う理由はたくさんあります。

  • 切れ毛やパサつきを抑えるから
  • 頭皮環境の悪化を抑えるから
  • 臭いの原因を抑えるから
  • バルクオムにはヒートプロテクト機能があるから

ポイントは、ヒートプロテクト機能です。ヒートプロテクト機能は、ドライヤーの熱を利用し髪の毛のダメージ補修効果を高めて、健康的なまとまる髪に仕上げてくれる機能です。

また、男性的に、臭いは気になりますよね。ドライヤーでしっかりと乾かすことで、臭いの原因となる雑菌の繁殖を防ぐことができますよ。

Copyright© バルクオム研究所 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.