バルクオムのシャンプーはくせ毛は治るのか?

くせ毛にとって、シャンプーの選び方は非常に重要。

原因によっては、シャンプーでくせ毛が治ってしまうからです。そして、今流行りのバルクオムもくせ毛に効果があるシャンプーなのです。

この記事では、バルクオムがくせ毛に効果的な理由を紹介していきます。

結論!バルクオムのシャンプーはくせ毛に効果あり

結論、バルクオムのシャンプーはくせ毛に効果があります。

しかし、バルクオムのシャンプーが100%くせ毛を治せるわけではありません。

理由は、くせ毛の原因が人それぞれだということと、シャンプーの効果が人によって違うからです。

ただ、バルクオムのシャンプーは、くせ毛に効果的な成分がたくさん入っていて、くせ毛に効果があることは間違いありません。もし、くせ毛に悩んでいるなら、一度使ってみるのがおすすめです。

くせ毛の原因は頭皮の乾燥

くせ毛になってしまう大きな原因の一つに、頭皮が乾燥していることがあげられます。

くせ毛は毛穴のコルテックス(髪の毛を構成している要素)のバランスが崩れて、くせ毛になってしまいます。この原因の一つが乾燥です。

つまり、くせ毛に効果的なシャンプーは、潤いを保ち乾燥させないシャンプーであることが言えますね。

アミノ酸系シャンプーがおすすめ!

頭皮の潤いを守ってくれるシャンプーが、アミノ酸シャンプーです。

アミノ酸シャンプーってよく聞きますよね?

実は、薬局やスーパーに売っている一般的なシャンプーは、アミノ酸系洗浄剤ではなく石油系洗浄剤です。

石油系洗浄剤の特徴は、洗浄力が強く泡立ちもいいこと。そして、コストを安く抑えられるため、市場に出回っているほとんどのシャンプーが石油系洗浄剤となっています。

デメリットは、頭皮に必要な成分まで洗い流してしまい乾燥させてしまうことです。

逆に、アミノ系洗浄剤を使ったシャンプーは値段も高価ではありますが、潤いを保ってくれて、くせ毛やダメージなどにも効果があります。

もちろん、バルクオムもアミノ系シャンプーですよ。つまり、くせ毛に効果があるということですね。

バルクオムの成分表から調査

成分 効果
リンゴ果実培養細胞エキス 保湿・整肌
温泉水 保湿
グリセリングルコシド 保湿
加水分解シルク 保湿
チャ葉エキス 整肌
ユズ果実エキス 整肌
セイヨウシロヤナギ樹皮エキス 整肌
ジビドロキシプロピルアルギニンHCI 保湿

バルクオムのシャンプーには、主に8つの成分が使われています。この中でも、特にくせ毛に効果的な成分を紹介していきます。

 アミノ酸を含んだ成分と効果

  • チャ葉エキス
  • ジヒドロキシプロピルアルギニンHCl

アミノ酸シャンプーはくせ毛にも効果的で、ダメージも防いでくれる効果があります。

バルクオムのシャンプーに入っている「チャ葉エキス」「ジビドロキシプロピルアルギニンHCI」は、まさにアミノ酸を多く含んだ成分です。

 グルコシド系の成分と効果

  •  グリセリルグルコシド

シャンプーの洗浄剤の種類として、石油系洗浄剤とアミノ酸系洗浄剤の二つを紹介しましたが、他にもグルコシド系やシルク系、タンパク質系などもあります。特に、グルコシド系、シルク系、タンパク質系は効果の高い洗浄剤だとされています。

グリセリルグルコシドは、日本酒などにも含まれる特殊な成分です。アミノ酸やミネラルなどを豊富に含んでいるので、美肌効果や保湿効果、ターンオーバーなどが期待できます。

高価な化粧品などに使われている成分でもあり、くせ毛にも効果ありですよ。

 シルク系の成分と効果

  •  加水分解シルク

シルク系のシャンプーもくせ毛に効果が期待できる成分です。バルクオムのシャンプーには、加水分解シルクが使われています。

シルクとは絹のことですよね? 絹は古来より、肌荒れなどの治療にも用いられる成分でした。

シルクは、傷付いた頭皮や髪を治癒してくれる力があり、保湿効果もあります。

ヘアケア商品には適した成分ということもあり、バルクオムにも使われているのです。

マッサージしながら髪を洗うと効果的

毛穴が乾燥や湿気、遺伝、汚れ、血行などのさまざまな理由で、くせ毛を発生させています。

遺伝となれば、改善するのが難しくなりますが、乾燥や汚れに関しては頑張れば改善できますよね。バルクオムなどのアミノ酸シャンプーを使うことで乾燥を防いで、頭皮をマッサージしながら洗い、汚れを毛穴から落としましょう。

毛穴の汚れはマッサージで落ちることもありますし、血行もよくなりますよ。

バルクオムのシャンプーを使いながら、マッサージで髪の毛を洗っていきましょう。

Copyright© バルクオム研究所 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.