↓ご予約やご相談はこちらの公式アカウントまで!24時間365日いつでもお気軽にどうぞ♪

'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)


ヘアカラーをする時に、明るくするのは気をつけるけど、暗くするのって気軽にやってませんか?

 

こんにちは。千葉の美容師スズキです。

タイトルの通りなのですが、

カラーをされる時に明るくするのは気をつけるけど、暗くするのって気軽にやってませんか?

暗くする代表的な例は【黒染め】ですね。

皆さん黒染めは過去に散々な思いをした方も多く、気をつけている方も多いのですが、

意外と気をつけた方がいいのが、明るい髪を一気に暗くした場合や、暗めの濃いブラウンなども注意が必要なんです。

暗くする時にホームカラーとかは後々大変になりやすく、とても危険です。ホームカラーは本当にやめましょう。

※暗くする時だけでなく、もちろん明るくする時も気をつけて下さい!!

 

よくある状態


ほとんどの方は暗く(黒く)する時、全体は茶色くて、根元の黒い部分が伸びてきた状態です。

すると次のような状況が予想されます。

↓後で明るくする時に、ここの元々明るくなっている部分は比較的明るくなるんですが、

↓元々黒いここ!

ここについた暗めのカラーや黒染めが明るくする時に落ちにくいんです。

↓その状態で普通に数ヶ月後カラーすると、程度はそれぞれですがこういう風になる事が予想されます。

※画像は加工で作ったイメージで見やすくする為に大袈裟にしてありますが、本当にこれくらいになる時もあります。

どういう事かというと、
こちら暗く(黒く)して数ヶ月して伸びた状態。

↓見た目は全部黒ですが、中身はこんな感じに分類!

この、

元々黒かった部分に対して、暗い(黒い)カラーをした部分が一番頑固で明るくなりにくく、

元々茶色かった部分に対して、暗い(黒い)カラーをした部分はある程度明るくなるけど濁りやすく、

新しく生えてきた部分は普通に染まります。

ひと言でいうとキレイに染めるのが大変という事です。

 

 

◼︎ じゃあどうしたらいいの?


・暗くするから大丈夫かな?と思ってホームカラーはしない。

・仕事などで仕方のない場合以外は出来るだけ回数を分けながら徐々に暗くしていく。

あげるとしたらこのあたりでしょうか。

中々この状況が当てはまる事はないと思われますし、

担当の美容師さんに相談して任せておけば大丈夫だと思いますが、

なんとなく頭の片隅にあってもいいのでは?と思い簡単に書いてみました。

ちなみに、、、

暗くする時だけでなく、もちろん明るくする時も気をつけて下さい!!

 


↓ご予約やご相談はこちらの公式アカウントまで!24時間365日いつでもお気軽にどうぞ♪

'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)
LINE@:ID【@yoshio】

・もうお店は閉まっちゃったけど、明日の朝は予約取れるかな?そんな方へ。【24時間OKのネット予約はこちらをクリック♪】

・当日のご予約などはお電話にてお願い致します♪
TEL 0432276663

【ブリーチサプリメント、イルミナカラー、oggiotto オッジィオット、THROW スロウカラー、正規取扱店】

【 Share 】